ヒサマツミドリシジミ と アイノミドリシジミ

2010年6月27日

昨夕発表の天気予報では当地は曇りのち雨。

念のため、早朝3時半に起きて、WEBで降雨状況をチェックすると、雲の流れに切れ間がある模様。

思い切って、山地性ゼフィルス撮影に向かいました。

まずは、フジミドリシジミのポイントへ。
ポイントへ到着とともに急に雨がはげしく降りだした。
下草にとまっている個体もなし。

後から聞いた情報によると2日ほど前は相当な数がいたそうです。

フジは来年に持ち越しとなりました。

しばらくすると雨も止み、陽がさしてきました。
そこで次はアイミドリシジミのポイントへ

ほとんどが、見上げる場所でテリ張りをするので、なかなかアイノらしい色が見えません。
e0156157_21242437.jpg


e0156157_21243361.jpg


e0156157_21244345.jpg



一度だけ、距離はありましたが見下ろす場所にとまって、全開してくれました。
e0156157_22513894.jpg



メスもおりました。
e0156157_2126750.jpg



昼前になっても、薄曇の状態。
ヒョットすればと、ヒサマツミドリシジミのポイントへ行ってみました。
すると、期待通り、ヒサマツが現れました!

はじめは距離が遠かったり。角度が悪かったりしましたが、時より、比較的近くにとまる個体が現れ始めました。
e0156157_21305951.jpg


e0156157_2131630.jpg


e0156157_21311978.jpg


e0156157_21315056.jpg


e0156157_21321234.jpg


e0156157_21322630.jpg



その内、不意に目の前にヒサマツがとまりました!
しかし、慌てていたので、上手くピンが合いませんでした。
e0156157_21353281.jpg



千載一遇のチャンスでしたが、満足出来る写真ではありません。

その後も粘っていると、また目の前にとまってくれました。
次は慎重に撮影
e0156157_223615100.jpg


e0156157_2384367.jpg



今シーズンは休暇を利用してでも、ヒサマツの開翅撮影が目標でしたが、いきなり初日から達成!
これまで縁の薄かったクリソ系ゼフィルス 2種の撮影に成功しました。

本日も大満足の一日でした。
[PR]
by Lycaenidae | 2010-06-27 21:45 | Comments(0)
<< 水行に耐えて。  雨中のヒサマ... 雨とキマダラ〇〇〇  >>