ウラゴマダラシジミ ♂

2017年05月21日

この週末は少し遠出してミヤマカラスアゲハの集団吸水撮影の予定でしたが、疲れがたまっていて仕方なく近場のウラゴマダラシジミに変更しました。
フライング覚悟というか来週末がベストだろうと考えていて、蝶友から教えていただいた新しい場所の下見のつもりで行ってきました。

結果はこの通り。
自分史上、最高に美しい♂の開翅を撮影できました!
e0156157_10251496.jpg


午前中にポイントに到着しましたが、当然ウラゴは飛んでいません。
イボタの花はすでに咲いているのでウラゴが出ていてもおかしくない条件です。

これは羽化直が狙えるかもしれないと、昼過ぎに再度訪問。
羽化直個体はイボタの奥や下草にいることが多いので、イボタの奥をガサガサすると新鮮なウラゴが飛び出しました。
翅が未だ柔らかい羽化直個体です。
e0156157_17322887.jpg


この個体は残念ながら翅は開きませんでした。

次に少し離れたイボタで別個体を発見、遠かったのでタモでゆすって少し移動いただいた。
しばらく待つと待望の瞬間が。
e0156157_10262828.jpg


e0156157_1027230.jpg


e0156157_10275921.jpg


e0156157_10283954.jpg


傷一つないピカピカの男前でした。

帰りに昨年まで通っていたポイントにも寄ってみると、こちらも1頭確認。
e0156157_17253959.jpg


環境が変わってしまったので数は望めませんが細々と命を繋いでいるようです。
















.

[PR]
by lycaenidae | 2017-05-21 17:34 | Comments(0)
<< ウラゴマダラシジミ♀ クリンソウとミヤマカラスアゲハ♀ >>