ウラジロミドリシジミ・ミドリシジミ

2017年6月17日・18日

今週はメスアカミドリシジミを狙いましたが見事にフライング。

幸い両日ともメスアカの時間までに撮影した蝶で成果がありました。

17日(土)
ウラジロミドリシジミ。

ウラジロのウラジロらしい色を撮影したいと思い出かけました。
ポイントではSさんもお見えになっており、最後はSさんが見つけていた個体を撮影させていただきました。
日陰での撮影。
 
e0156157_19121845.jpg
e0156157_19123977.jpg
e0156157_19125307.jpg
上の写真を撮る前は、直射光で色がでなかったり、自分の影だと色が違って見えるなど難儀していました。
e0156157_19153860.jpg
e0156157_19160572.jpg
e0156157_19173906.jpg
e0156157_19180867.jpg
メスも居ました。
e0156157_19183821.jpg

18日(日)
ミドリシジミ

この場所は季節の進みが遅い不思議な場所。
数キロ離れた場所と比べても10日程遅い。
そのためミドリシジミの出始め時期にあたります。

新鮮な♂。
朝一番の開翅時、紫色が混じっていました。
e0156157_19211422.jpg
不思議なことに次第に紫色が消えていきました。
羽化後に鱗粉の角度が変化しているのでしょうか?
e0156157_19220396.jpg
e0156157_19222617.jpg

次は別個体。
前翅の一部が欠けていたので目立たない角度で撮影。
e0156157_19232417.jpg
e0156157_19233654.jpg
本命には振られましたが、楽しい2日間でした。












.

[PR]
by lycaenidae | 2017-06-18 19:35 | Comments(0)
フジミドリシジミとオオミドリシジミ >>