ヒサマツミドリシジミ・エゾミドリシジミ

2017年6月23日・24日

6月23日

今週は今年一番の目標、ヒサマツミドリシジミの撮影。
ここ数年はあまりの人の多さに嫌気がさして敬遠していました。
6年ぶりのチャレンジです。

休暇を予定していた金曜日、ドンピシャリで晴れ。

早朝からポイントで待機。ポツポツとカメラマンが集まってきました。
昼前になって少し雲が出てきたが結果的にはこれが吉とでました。

蝶友が確保していた場所で見下ろす位置で新鮮な♂が開翅。
薄曇りの条件もあり、見事に金緑色に輝きました。

e0156157_11121841.jpg

e0156157_11132229.jpg
e0156157_11203683.jpg

V字開翅も綺麗。

e0156157_21122892.jpg

e0156157_21123937.jpg

♀も止まりました。
♂と3m以内の距離、その場には交尾を期待する緊張感が漂いましたが、残念ながら交尾せず、翅も開かず飛び去りました。
e0156157_21121845.jpg

♂は光の当たり方で随分と印象が変わります。
同じような構図で比較。

真上からの太陽光
e0156157_21124960.jpg

前方からの夕陽
e0156157_21130081.jpg
夕方の撤収間際、遠くで夕陽を浴びて金色に輝いていました。
e0156157_21131029.jpg




6月24日
昨日の疲れもあり、朝ゆっくりできる近場のエゾミドリシジミに絞りました。
昼前に到着したポイントでは既に蝶友が集まり、エゾミドリの撮影中。
その後もワイワイとにぎやかな撮影会となりました。
e0156157_21220404.jpg

V字開翅で綺麗なブルーを堪能
e0156157_21221600.jpg

全開も綺麗
e0156157_21222480.jpg

ここで蝶友3名が帰られました。
その後もう一名の蝶友としばらく粘っていると良い位置へ止まってくれました。
e0156157_21223698.jpg
e0156157_21224403.jpg
両種とも満足できる写真がとれていなかったので、とても興奮しました。
2日間とも大成功です。












.

[PR]
by lycaenidae | 2017-06-24 21:37 | Comments(2)
Commented by カーコのダンナ at 2017-06-25 20:38 x
ご無沙汰です。相変わらずゼフの色出しはピカイチですね。
ウットリするくらい良い色で素晴らしいです。
私もそんな素晴らしいチャンスが欲しいですね。
また何処かでご一緒出来たら嬉しいです。
Commented by lycaenidae at 2017-06-25 21:07
カーコのダンナさん

こんばんは。今年はゼフィルスとは相性が良いです!
天気にも恵まれて、両種とも薄曇りという絶好の条件でした。
また、ご一緒したいですね。
ちなみに来週末は早朝のアイノの後、ハヤシ、ウラミスジを予定しています。朝少し晴れて、そのあと薄曇りになれば最高なんですけど。。。
<< クロヒカゲモドキ ウラジロミドリシジミ・ミドリシジミ >>