<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヒメヒカゲ

2016年5月28日

今日はナラガシワ系ゼフィルスを撮影したかったのですが、さすがにフライングでした。
そこで、久しぶりにヒメヒカゲを撮影することに。

ちょうど♀の出始めのようで、♂は新鮮から擦れ個体、♀は概ね新鮮でした。

いろいろ楽しめました。

吸蜜する♀
e0156157_19151646.jpg


眼状紋が発達した♀
e0156157_1916846.jpg


後翅白帯が発達した♀
e0156157_1917073.jpg


地色が濃い♂
e0156157_1917399.jpg


地色が明るい♂
e0156157_19182848.jpg


V開
e0156157_1918462.jpg


全開
e0156157_19185998.jpg


ウラナミジャノメも出ていました。
e0156157_19191994.jpg









.
[PR]
by lycaenidae | 2016-05-28 19:21 | Comments(0)

ウラゴマダラシジミ

2016年5月21日

時期が合わなかった。
雌の出始めかと思っていましたが、雌もすでに擦れていました。
今週半ばには発生していたのではと思います。

今日はウラゴを探してあちこち放浪しました。
まずは、自宅周辺を散策。
数は少ないもののハイキング道沿いにイボタがあり、ウラゴも1頭確認しました。

次に昨年見つけたポイントへ行ってみると、なんとソーラーパネル設置工事のため造成・伐採の真っ最中。
周辺もいたるところでソーラーパネルが設置され環境が激変していました。
自然エネルギーの活用のために自然破壊するのはいかがなものかと思います。

しかたなく、県の里山林整備事業が行われた昨年までの撮影ポイントへ行ってみると、無残にもイボタを含む林は伐採されていました。
さらに周辺の林も伐採途中のようでした。
今のところ、単に林を伐採しただけのようです。
伐採後どうするのか興味がありますが、もし木を切るだけで何もしなければ税金を使って自然破壊をしているようなもの。

今日は久しぶりに吐き気をもよおすほど気分を害しました。

このまま帰るわけにはいかないので周辺を散策。
ようやくウラゴを見つけましたが、冒頭に記載の通り時期が遅すぎました。

それでも、人間の軽率な営みとは違う、逞しさと神々しさを感じました。

e0156157_1721074.jpg

e0156157_1721986.jpg

e0156157_17212043.jpg




何はともあれ、待ちに待ったゼフィルスシーズンがはじまりました。
しばらくの間、体力と気力の限界に挑戦です!




.


[PR]
by lycaenidae | 2016-05-21 17:54 | Comments(0)

ミヤマカラスアゲハ吸水 他

2016年5月14日

今日も少し遠征し、ミヤマカラスアゲハの吸水を狙いました。

ウスバシロチョウもたくさん飛んでいましたが、ミヤマカラスアゲハの吸水集団を見つけた後はウスバシロチョウは殆どカメラを向けることはありませんでした。

ポイントで出会ったミヤマカラスアゲハ等の吸水の光景は、それはそれはすばらしいものでした。
e0156157_22595931.jpg


e0156157_230836.jpg


e0156157_2301889.jpg


e0156157_2303174.jpg




カラスアゲハがまとまったタイミングで。
e0156157_23048100.jpg


以降、お気に入りの個体を撮影。
それぞれ個性があり、説明不要の美しさです。
e0156157_2314038.jpg


e0156157_2314939.jpg


e0156157_2315983.jpg


e0156157_232926.jpg


e0156157_232179.jpg


e0156157_2322867.jpg


e0156157_2324973.jpg


e0156157_2325740.jpg


e0156157_233696.jpg


e0156157_233136.jpg



プチ遠征して撮影に行った甲斐がありました。












.

[PR]
by lycaenidae | 2016-05-15 10:46 | Comments(2)

ミカドアゲハ

2016年05月05日

天気予報を見て予定を変更し、ミカドアゲハの撮影にいってきました。

ポイントではミカンの花が咲き始め、カメラマンも誰も居ませんでした。
少し時期が早かったかと思いましたが、到着早々にミカドアゲハを発見。
読み通り、例年より1週間以上早い発生です。
今日はすくなくとも3頭は発生していたようです。

しばらくして、カメラマンさん1名がお見えになりました。
いろいろと教えていただきながら、時折訪花するミカドを撮影していました。

ミカドの訪花が途切れた時間帯はサツマシジミの吸水などを撮影。
そろそろ帰ろうかというとき、なんとミカドアゲハが足元のハルジオンへ吸蜜に下りてきました。
しかも2頭同時に。

300mmを付けていたので、近すぎて困ってしまうほどでした。
なんとも贅沢な状況でした。

e0156157_205739.jpg


e0156157_20571386.jpg


e0156157_20572168.jpg


e0156157_20572942.jpg


e0156157_20573666.jpg


e0156157_20574881.jpg


e0156157_205879.jpg


e0156157_20575994.jpg


e0156157_20582796.jpg




次の2枚は午前中のミカンへの訪花です。
e0156157_2059559.jpg


e0156157_20591317.jpg




水路沿いの小さな花にも吸蜜に来ていました。
e0156157_20593990.jpg


e0156157_20594819.jpg




うまく撮影できませんでしたが、たぶん産卵。
e0156157_212141.jpg




おまけ。

アオスジアゲハ(ハンキュウ型)
こちらもうれしい 初見・初撮影です。
e0156157_21363.jpg




こんなチャンスはそうそう巡り合えないかもしれませんね。

Nさん、本日はありがとうございました。








.

[PR]
by lycaenidae | 2016-05-05 21:31 | Comments(4)

ミヤマカラスアゲハ・アオバセセリ

2016年05月02日

今年は季節の進みが早いようです。
例年であれば平地の黒系アゲハを狙う時期ですが、思いきって山地のミヤマカラスアゲハを狙って出かけました。
うまくいけばアオバセセリにも出会えるはずです。

ポイントではウツギの花がちょうど良い時期でした。
ただし、ミヤマカラスアゲハは時折飛ぶものの花に来ることはありませんでした。

諦めて帰りかけたとき、ばったりKさんとお会いしました。
Kさんに黒系アゲハ・アオバセセリが良く来るというウツギの木を教えていただき、そこで待つことにしました。

これが、大正解。
訪花の頻度は少ないものの、ミヤマカラスアゲハを撮影することができました。
e0156157_2203262.jpg



ウツギの花にぶら下がって吸蜜するので、全て下から見上げるポジションでのストロボ撮影です。
e0156157_17304459.jpg


70D+300mmで撮影したので大写しになってしまいました。
70-200を持っていくべきでした。
(6Dはレスポンスが遅く、アゲハ類の撮影には厳しいので70Dを使用しました。)

そして、今日は何故か♀ばかり。
一度、♂も吸蜜に来ましたがストロボの設定を間違ってしまって真っ白に。
大失敗でした。

それでも今まで狙ってもほとんど会えなかった♀の撮影ができたので大満足です。


アオバセセリも何とか撮影
e0156157_17305319.jpg




蝶友のおかげで良い写真が撮れました。
Kさんありがとうございました!





.

[PR]
by lycaenidae | 2016-05-02 17:48 | Comments(4)