クロツバメシジミ・シルビアシジミ・ゴイシシジミ

2016年9月11日

久しぶりに蝶撮影です。

この時期はシルビアシジミかクロツバメシジミ、ソバの花に集まる蝶も撮影したい。
ひょっとしたら彼岸花も咲いているかもしれない。

そこで、シルビアシジミ、ソバ畑、移動途中に彼岸花を見ながらクロツバメシジミのポイントをめぐることにしました。

シルビアシジミのポイントでは稲穂が垂れ始めていましたがまだ緑色。
金色に輝くのはもう少し先のようです。

シルビアシジミも数が少なく撮影できたのは1頭のみです。
e0156157_21472995.jpg


次にソバ畑をめぐるも花は少なく、時間も早いので蝶もいない。
適当に彼岸花を見ながら移動し、結局収穫無しでクロツバメシジミポイントに着きました。

クロツバメシジミは朝の内は擦れ個体がほとんど、昼前になって綺麗な個体が飛び出しました。
この蝶、絵になる写真を撮るのは意外と難しいのです。
e0156157_2155668.jpg

e0156157_21551941.jpg


ツメレンゲとクロツバメシジミ
e0156157_21566100.jpg

こんなことは滅多にありません。産卵以外ではツメレンゲに積極的に近寄ることは無いようです。


苔の上で良い感じ。
e0156157_21565575.jpg



少し虹色が見えます。
e0156157_21575485.jpg



ツメレンゲが密集した場所の前でひたすら待っていると、ようやく綺麗な個体がツメレンゲにとまりました。
止まったと思うとすぐにもう1頭が絡んできて、交尾成立です。
e0156157_21592071.jpg

こんなことも滅多にありません。
長い時間待った甲斐がありました。


少し移動して。
e0156157_2212639.jpg

e0156157_2222686.jpg


このポイントではゴイシシジミに会えました。
e0156157_224176.jpg


最後にヤマトシジミの綺麗な開翅に思わず撮影。
e0156157_2251418.jpg








.

[PR]
# by lycaenidae | 2016-09-11 22:18 | Comments(0)

夏のシルビアシジミ、スミナガシ、ギンイチモンジセセリ(3化)

2016年8月14日

毎年8月はゴマシジミを撮影するぐらいで引きこもっています。
たまには暑い中でも出かけてみようと近場を散策です。


まずは、夏のシルビアシジミを見に行きました。
ちょうど♂の出始めのようで新鮮な個体ばかりでした。
e0156157_18232884.jpg


e0156157_182336100.jpg


e0156157_18234657.jpg


e0156157_18235769.jpg


e0156157_1824108.jpg


e0156157_18242740.jpg


e0156157_1824372.jpg


e0156157_18244586.jpg


このブルーがたまりません。


次にクロツバメシジミのポイントへ。
クロツは未発生でしたが、なんと綺麗なスミナガシが居ました。
慌てて車までストロボを取りに戻り、ストロボ撮影。
e0156157_18264161.jpg


この蝶はストロボ撮影では妖しい雰囲気で美しさが増します。

広角で寄ってみました。
e0156157_18284010.jpg




帰りにギンイチモンジセセリのポイントへ寄り道。
もう3化が出ていました。
羽化直と思われる綺麗な♀でした。
e0156157_1830398.jpg


この蝶は擦れると写欲が湧かないのですが、新鮮な個体はとても綺麗だと思います。

3か所廻ってゆっくり撮影しても所要時間5時間。午前中で撮影完了。
近場も良いものです。











.

[PR]
# by lycaenidae | 2016-08-14 18:46 | Comments(0)

その他の蝶たち

今季撮影したものの、何となく掲載していなかった蝶たちです。
鮮度が悪かったり、翅を開かなかったり、背景がゴチャゴチャしていたり等の理由で掲載しなかったものです。

ウラクロシジミ
e0156157_10493825.jpg



ウラナミアカシジミ
e0156157_10494691.jpg


e0156157_10495578.jpg



アカシジミ
e0156157_1050262.jpg



ミズイロオナガシジミ
e0156157_10501161.jpg


e0156157_10502335.jpg



ウラキンシジミ
e0156157_10503335.jpg



フジミドリシジミ
e0156157_10504152.jpg



クジャクチョウ
e0156157_10504810.jpg



オオミスジ
e0156157_10505792.jpg



おまけ
ルリボシカミキリ
e0156157_17143553.jpg








.
[PR]
# by lycaenidae | 2016-08-12 10:57 | Comments(0)

青いゴマシジミとギンイチモンジセセリ

2016年8月6日

久しぶりの更新です。
7月後半はキリシマミドリシジミのポイントへ通いましたが今年も玉砕でした。
また、来年ですね。

今日は大山のゴマシジミに会いに行きました。
目標はより青い個体の撮影です。
マクロレンズ一本で、ひたすら青い個体を探しました。

結果、目標レベルの個体撮影に成功。


今日見かけた一番青い個体。鮮度も何とか許容内です。
ただし、直射光では色がイマイチです。
e0156157_2339935.jpg


逆光気味を狙ってみると面白い色がでました。
e0156157_23414515.jpg


しばらくすると、薄曇りに。
この条件が撮影にはベスト。思い通りの青です。
これまで私が撮影したゴマシジミの中で青い部分が最も広い個体です。
当地のゴマシジミは青の広がりが大きいのですが、黒斑紋が内側に伸びるタイプが多いように思います。それはそれで恰好良いのですが、青の面積が減ってしまい黒っぽく見えてしまいます。
この個体はその黒斑紋が小さく、すっきりした綺麗な青ゴマでした。
e0156157_821321.jpg


e0156157_822581.jpg


e0156157_2343650.jpg



次に別個体。大きな立派な♀でした。
残念ながら後翅に一部欠けがありましたが、それ以外は綺麗な個体でした。
e0156157_23442878.jpg


e0156157_23443630.jpg


e0156157_23444529.jpg




先々週、下見に行った際に撮影したギンイチモンジセセリも載せておきます。
新鮮な夏型。光沢が有りとても綺麗です。
e0156157_23454454.jpg


e0156157_2345512.jpg


このポイントは採集禁止、ゆっくりと撮影できます。
また、大山をバックに撮影できるお気に入りの場所です。






.

[PR]
# by lycaenidae | 2016-08-07 00:10 | Comments(4)

ジョウザンミドリシジミ、コヒョウモンモドキ

2016年7月10日

今日はゼフルス狙いで長野県まで行ってきました。
結果、綺麗なジョウザンミドリシジミを撮影できました。
さらに、その周辺でコヒョウモンモドキも撮影。

日帰り強行軍で少し疲れましたが満足できる成果をあげました。

e0156157_2235635.jpg


e0156157_22351384.jpg


e0156157_22352318.jpg


e0156157_22353135.jpg


e0156157_22353954.jpg


e0156157_22355269.jpg


e0156157_2236257.jpg


e0156157_22361319.jpg









.
[PR]
# by lycaenidae | 2016-07-10 22:39 | Comments(2)