ヒメヒカゲ生息調査 【お知らせとお願い】

 今年も兵庫県南部東播磨の一部地域におきまして、ヒメヒカゲの生息調査が行われます。
 ご存知の通りヒメヒカゲは近年全国的に数を減らしている草原性チョウの一種です。近畿地方でもすでに多くの場所で姿を消し、
 東播磨地方が残された最大の生息地になっています。

 昨年の調査において予想以上に生息地が少なく、しかも個体数がわずかで脆弱な生息地が多数を占めていることが判りました。
 今年の調査では、
  今年も代をつないでいるか? 
  復活した生息地はないか?
  新たな生息地はないか?
 などの昨年同様の調査に加え、発生総個体数や一個体の移動距離を推測するためのマーキング調査を予定しています。
 本調査へのご理解と、採集自粛にご協力いただきますようお願いいたします。 
 
 
e0156157_2034538.jpg


 ヒメヒカゲの生息地は非常に限られた場所です。
 さらに、飛翔が緩やかで採集しようと思えば何十、何百と採集できてしまう蝶で、生息環境が激減した状況では採集圧が個体数
 減少に大きく影響を与えてしまいます。

 当地に限らず、今後もヒメヒカゲの愛らしい姿が見られるように、私たちが出来ることは節度ある行動をとり、生息地を荒らしたり、
 過度な採集などは行わないようにすることが大切だと思います。
[PR]
# by Lycaenidae | 2009-05-17 20:40 | Comments(2)

アゲハの谷を探して。 ミヤマカラスアゲハ♀、オナガアゲハ 

2009年5月9日

 今日は、晴天で気温も高く、絶好のアゲハ日和。
 というわけで、早朝より ”アゲハの谷”を探しに行ってきました!
 そう、はっきりとしたポイントは判らず、町名のみの情報ですが、たまには楽しいかもとポイント探しから始めました。037.gif

 最初に行ってみた谷合の集落では、フワフワとウスバシロが飛んでいましたが、今日のメインは黒系アゲハと決めていたので、
 近くにとまった♀の写真を撮っただけでした。
e0156157_18125162.jpg


 この集落では、道路で新鮮なカラスアゲハが吸水していましたが、敏感で全く近づけませんでした。008.gif
e0156157_18143189.jpg


 その他、ミヤマカラスアゲハも目撃しましたが、飛び去ってしまいました。

 場所を変えて、アザミがたくさん咲いていてアゲハが群れ飛ぶという、アゲハの谷を探しました。
 昼前になって、ようやくアザミが少しまとまって花を咲かせているポイントを見つけました。

 すると、黒系アゲハが3頭、吸蜜しています!004.gif
 よく見るとカラス2♂とオナガ1♂です。

 オナガアゲハはこれまで撮影したことが無く、初撮影種、本日のお目当ての一つです。
 タップリと堪能しました。003.gif

e0156157_18185431.jpg
e0156157_1819644.jpg
e0156157_18191584.jpg
e0156157_18192653.jpg
e0156157_18193916.jpg
e0156157_18194994.jpg


 さて、本日のもう一つのお目当てのミヤマカラスアゲハはいっこうに現れません。
 そうこうするうちに、カラスやオナガも吸蜜に来なくなりました。

 そこで、朝一番に行った集落に戻りましたが、こちらでも黒系アゲハは姿が見えなくなっていました。

 またまた、アザミポイントへ戻ってみると、2頭 黒系アゲハが吸蜜していました。

 近づいてみてみると、1頭はな、なんと、ミヤマカラスアゲハの♀ではないか!013.gif

 震えながら、数カット撮影したところで、近くに飛んでいたカラスアゲハの♂に煽られて二度と戻ってきませんでした。
e0156157_1826158.jpg
e0156157_18261292.jpg
e0156157_18262333.jpg


 ミヤマカラスアゲハの♀も初撮影!041.gif
 こんな、素晴らしい出会いがあるから、蝶撮影はやめられませんね。058.gif
[PR]
# by Lycaenidae | 2009-05-09 18:43 | Comments(18)

近場で満喫 ギンイチモンジセセリとクロツバメシジミ 

 2009年4月30日

 今日は、近場のギンイチモンジセセリに会いに行きました。
 道中、クロツが出ていないかと寄り道してみましたが、ポイントの崖にはまだ陽が当たってもなくクロツも見かけませんでした。

 それから、ギンイチモンジセセリのポイントへ向かうと、すぐすぐギンイチモンジセセリを見つけることができました。

 ここのギンイチモンジセセリとは3年振りの再会。生息環境が壊れされず残っていて、ほっとしました。001.gif


 さて、既に10:30を廻っており、気温も高く、ギンイチモンジ君たちは当然のごとく、チロチロと飛び回って全くとまりません。
 数は多いのですが、撮影には難儀しました。008.gif

 こうなったら、ギンイチモンジちゃんを探すしかないと、♀を探すことにしました。

 すると足元の草むらから飛び立ち、すぐにとまる個体を発見。ギンイチモンジちゃんです。
e0156157_184503.jpg


 ♀はすぐにとまるので、撮影しやすかったです。

 オマケに、目の前で産卵までしてくれました。
e0156157_18454863.jpg


 というわけで、本日の目標達成!017.gif

 ここで、少し欲が出て、朝一番で偵察にいったクロツの崖に再度チャレンジすることにしました。

 ポイントに着くと、崖の下を這うように飛ぶ黒いシジミが!

e0156157_1848772.jpg


 ひょとして、アナタは...!?

e0156157_1849779.jpg


 なんと!!、居たではないか! 003.gif   クロツ君です!
e0156157_1850475.jpg


 なぜか、岩場には止まらず地面付近をチョロチョロ飛びます。
e0156157_1851457.jpg


 そうこうしていると、崖の上から別の♀も降りてきて、ツメレンゲに産卵していました。
e0156157_1852840.jpg

e0156157_18522851.jpg


 かなり、スレていたので、かなり前から発生していたようです。013.gif

 さて、相変わらず地面付近でチョロチョロしているクロツ君、それでは広角でと、コンデジで撮影すると、
e0156157_1854332.jpg

e0156157_18542476.jpg


 なんとも妖しげな色が出ました!005.gif
 コンデジの現像パラメータは全て”標準”。
 多少派手な発色のカメラなのですが、それにしてもこんな色が出るとは驚きました。

 今日もまた、幸せな一日となりました。058.gif
[PR]
# by Lycaenidae | 2009-04-30 19:19 | Comments(18)

アオスジアゲハ エサキ型

 2009年4月29日

 今日は、近場でアゲハ撮影と決め込んでいました。
 パートナーとともに、近場の山へ。
 これと言った成果もなく、そろそろ帰ろうかと思い始めたとき、ランタナで吸蜜中のアオスジアゲハを発見。

 そういえば、アオスジアゲハも綺麗に撮れていないなぁと思いながら、近づくと。


 な、なんと! エサキさんではないか!005.gif
 
 
e0156157_1924933.jpg
 

 エサキさんとはどうも相性が良いようです。037.gif

 
e0156157_1924201.jpg

 
e0156157_19243913.jpg

 
e0156157_19245528.jpg

 
e0156157_1925590.jpg


 飛び上がった瞬間も撮影成功!004.gif
 
e0156157_19251543.jpg


 GWの初日、最高の滑り出しでした!
[PR]
# by Lycaenidae | 2009-04-29 19:35 | Comments(14)

スギタニルリシジミ

 2009年4月19日

 今週はスギタニルリシジミに会いに行ってきました。
 
 久しぶりに早朝からポイント入りし、シカの鳴声や鳥のさえずりを聞きながら渓谷に朝日が差し込むのを待つ。
 なんとも気持ちのいい時間ですね。

 陽が差してくると、ボチボチと小さなシジミが林道へ降りてくる。
 スギタニルリシジミです。

 
e0156157_21362341.jpg

 
e0156157_21365117.jpg


 広角でも
 
e0156157_2142428.jpg


 幸先良く、まずは翅裏撮影成功!001.gif

 次は、開翅を狙うものの、なかなか開いてくれない。
 ポイントを変えて渓流沿いで遠めに開翅個体を発見!とりあえず証拠写真。
 
e0156157_21393429.jpg


 なかなか敏感で、近づくことができず、唯一近くで開翅を披露してくれたのは、この少し破損した個体だけでした。
 
e0156157_21411997.jpg


 次に吸水中の個体。
 「く」の字ではなく、「ハ」の字ですが、これもスギタニでしょうか?039.gif
 
e0156157_21434040.jpg


 その近くで、弱弱しく舞い降りた羽化直と思われる個体。
 余裕もできたので、色々と遊ばせてもらいました。
 まずは、順光マクロ
 
e0156157_21442853.jpg

 逆光で弱くフラッシュ
 
e0156157_21435738.jpg

 逆光。縁毛の青が少しでました。
 
e0156157_21444594.jpg

 真正面から。
 
e0156157_21445843.jpg


 最後は、だれかさんが最近しなくなったこれで。003.gif
 
e0156157_214592.jpg


 こんなに仲良くなったのに、とうとう翅は開いてくれませんでした。
[PR]
# by Lycaenidae | 2009-04-19 22:00 | Comments(12)