ウスイロヒョウモンモドキ 他

2016年7月2日

ウスイロヒョウモンモドキのトランセクト調査に行くついでに但馬をあちこち廻ってきました。

結果、ウスイロヒョウモンモドキにも無事会うことが出来ました!


昨年はシーズン通じて成虫は未確認。
本年より種の保存法に基づく保護対象となりました。
行政の協力もより手厚くなり、食草や吸蜜植物保護目的で鹿柵を設置しました。
また、これまで継続してきた繁殖活動・生息環境整備等の効果もあり無事復活です。

e0156157_11101282.jpg

e0156157_11101892.jpg

e0156157_11102428.jpg


私にとっては3年ぶりの再会。
強風で他の蝶も全く飛ばない状況でしたが、幸運にもトランセクトルート上にウスイロヒョウモンモドキが居て飛び上がりました。
写真は良くありませんが、とても感動しました。

7月10日の観察会でも、出会える可能性は高いと思います。



その他各地で撮影したチョウたちです。

クロシジミも健在、今年は数が多そう。
e0156157_1195520.jpg


コキマダラセセリ。草地にひときわ鮮やかなオレンジ。
e0156157_1110479.jpg



ウスイロ調査中にジョウザンミドリシジミのテリ張りと遭遇
太陽が蝶の後方にあるので、良い色がでませんでした。
e0156157_11103376.jpg

e0156157_11104158.jpg



最後のポイントでは、ハヤシミドリシジミ、ウラミスジシジミを狙いました。
早々にピカピカのウラミスジシジミを見つけましたが、不用意にカメラを構えた瞬間に飛ばれてしまいました。
その後、新鮮なハヤシの♂を足元に降ろせましたが、棒を地面に置いた瞬間に飛ばれてしましました。

最近、少し撮影が雑になっているようです。
もっと慎重にしないといけませんね。

キマダラルリツバメは比較的新鮮な個体も居ました。
e0156157_11105114.jpg


e0156157_1111175.jpg


ハヤシミドリシジミも今年は数が少ない。
e0156157_1111117.jpg








.

[PR]
# by lycaenidae | 2016-07-03 11:52 | Comments(2)

メスアカミドリシジミ 再び

2016年6月26日

今日は新規ポイント探索で少し遠出しました。
時期的にはアイノ、ジョウザンの擦れた個体が見れればラッキーという感じでした。

新規ポイントといっても、その山にはアイノがいるという情報がある山へ行き、適当に沢筋を見て廻る程度です。

お目当ての山はあいにく曇りで時折雨が降る状況。
めぼしい谷筋を見つけるもさすがにゼフは飛びません。

昼過ぎになってようやく、時折陽がさすようになると青いゼフィルスが飛び始めました。
撮影中はてっきりエゾだと思い込んでいましたが、良く見るとメスアカのようです。

本当に青かったのに。。。

e0156157_19393990.jpg


e0156157_19394845.jpg


e0156157_19395588.jpg


e0156157_1940243.jpg







.

[PR]
# by lycaenidae | 2016-06-26 19:44 | Comments(0)

クロヒカゲモドキ

2016年6月25日

最近仕事が忙しく、先週も絶好の撮影日和に出かけることが出来ませんでした。
今朝も起きると9時、さすがにゼフィルスには遅い、遠出する気力もなかったので近場のクロヒカゲモドキに会いにいきました。

蝶友から大まかな場所は教えていただいていたのでポイントはすぐに見つけることができました。
時期が少し早いかもと思っていましたが幸い綺麗な♀を見つけることが出来ました。

小さいながら前翅眼状紋の4つ目が出ている個体で、眼状紋の周りや外縁の帯も紫色を帯びた綺麗な個体でした。
顔は隠れてしまいましたが良しとしましょう。
e0156157_16291211.jpg


この後、雨が降り出したので今日はここまで。
まずまずの成果でした。







.
[PR]
# by lycaenidae | 2016-06-25 16:31 | Comments(2)

メスアカミドリシジミ

2016年6月12日

今日は新鮮なメスアカミドリシジミを狙って少し遠出しました。
フライング覚悟でした。

結果、ほんの短い間でしたが、射程内に新鮮なメスアカがとまり、何とか撮影できました。
e0156157_1781027.jpg


e0156157_1781976.jpg


e0156157_1782746.jpg



その他
朝、寄り道した湿地でミドリシジミを撮影
e0156157_1785649.jpg



本日の往復移動時間 4時間、 待機時間 3時間、 撮影時間 1分!(笑)

どこもゼフは数が少ないですね。










[PR]
# by lycaenidae | 2016-06-12 17:12 | Comments(0)

オオミドリシジミ

2016年 6月11日

今日は近場でオオミドリシジミを撮影。

ポイントでは個体数は少なく、2頭確認したのみです。
鮮度は少し擦れはあるもののまずまずでした。

数が少ないのでテリ争いも無く、ゆっくりと開翅してくれました。

オオミドリは良い写真が撮れていなかったので嬉しい成果でした。

e0156157_2023537.jpg


e0156157_2024383.jpg


e0156157_203811.jpg


e0156157_2025113.jpg


e0156157_2032038.jpg


e0156157_203288.jpg


e0156157_2033649.jpg


e0156157_2034488.jpg



例年であれば最盛期にあたります。
今年は、当地のオオミドリや周辺の低地性のゼフィルス全般的に不作ですね。



【知人向け業務連絡】
・ヒロオビ、ウラジロは1頭も見ず。
・ウラキン吸蜜は確認できず。(栗の花はいい感じでした)
・エゾミドリは未発生、ウラゴも未確認 栗の花はまだでした。(ポイントの笹の上部でマムシ幼蛇をみました。要注意です。)

以上。







.

[PR]
# by lycaenidae | 2016-06-11 20:21 | Comments(0)