京都のホソオチョウ

2009年9月6日

この時期、近場での撮影種に行き詰ってしまって、さて何か無いかなと考えた挙句久しぶりにホソオチョウを撮影しにいくことにしました。
実は夏型のオスはまだ未撮影だったのです。

この蝶はそもそも人為的移入種ということで、好みも分かれる蝶ですが、それなりに綺麗な蝶だと思っています。

さて、ポイントの河川堤防に着くと、少ないながら2頭のオスがヒラヒラと飛んでいます。
しかし、今日はピーカンの快晴、飛び回るだけで全くとまりません。

こうなれば、飛翔写真にトライするしかありません。
とにかく、ノーファイダーでひたすら撮りまくります。

後で確認すると、100枚に1枚ほどしかまともな写真はありませんでした。
さらにトリミング+お化粧直してなんとか見られる程度になりました。

e0156157_19405027.jpg



e0156157_1941086.jpg



e0156157_1941863.jpg



e0156157_19411682.jpg



e0156157_19413022.jpg



e0156157_19415442.jpg



e0156157_19421137.jpg



e0156157_19422250.jpg



途中、綺麗なキアゲハが近くにとまったので思わず撮影。

e0156157_19423620.jpg



その内、少し雲がかかるようになり、陽が陰るとホソオチョウもやっととまってくれるようになりました。
少し、すれていましたが、まずまず綺麗な個体でした。

e0156157_19431376.jpg



e0156157_19432445.jpg



e0156157_19433243.jpg



e0156157_19434054.jpg



炎天下の河川堤防での撮影、2時間で切り上げましたが、無事ホソオチョウ 夏型オスを撮影できました。
by Lycaenidae | 2009-09-06 19:57 | Comments(0)
<< コスモス 中国地方の青いゴマシジミ >>