ギフチョウ成虫観察会

今日は、久しぶりに休めることになったので、急遽、県内で開催されたギフチョウ成虫観察会に行ってきました。

時期的にはまだ少し早いのですが、天気も良く、気温も上がる予報。
大いに期待して出かけました。

さて、メンバー集合後、生息地を回っていきますが、なかなかギフが出てきてくれません。
途中、出会う春の蝶たちをじっくり撮影したかったのですが、本日の目標はあくまでもギフチョウ。

ということで、途中であった蝶たちは証拠写真的に適当に撮影。
まずは、あちこちからバタバタ飛び出す。コロコノマチョウ
e0156157_22112929.jpg



ミヤマセセリはいつもより少ないようでした。
e0156157_22161361.jpg



トラフシジミが吸水していました。じっくり粘ったら開翅が狙えたかもしれません....
e0156157_2211549.jpg



コツバメもたくさん見かけましたが、雑に近づくのが災いし、新鮮な個体に上手く近づけませんでした。
e0156157_2212374.jpg



よくよく考えると、毎年、コツバメや春型のトラフはギフを探している最中に適当に撮影していて、綺麗に撮れていません。反省。


さて、本日はギフチョウの観察会。ギフチョウをなんとか探さないといけない。

最後に向かったピークへ登る途中に、ようやくギフの飛翔を目撃。


少し希望を抱いて、ピークに向かい、しばらくするとようやく1頭が現れました!

撮影チャンスは地面での閉翅ポーズだけでしたが、とっても新鮮な別嬪さんでした!
e0156157_22214996.jpg



これまでギフチョウの新鮮な個体はあまり見たことが無かったのですが、今日の個体は本当に綺麗で感動しました!

やっぱり、自然のなかで飛び回る姿は最高に美しいですね!
by Lycaenidae | 2010-04-10 22:34
<< 春のシルビア シロチョウとセセリ等(沖縄遠征... >>