シルビア青雌とクロツバメシジミ

2010年10月17日

本日はまず、恒例のシルビアの青雌探しからスタートです。

最初はいつものポイントで探索です。
やはり、先週同様、数が少ないもののすぐにお目当てが見つかった。

シルビアシジミ オスの開翅
e0156157_20392532.jpg



続いて、すぐそばにメスを発見
e0156157_2117449.jpg



影を作って翅を開いてもらうと、かなり青鱗がのっていました!
e0156157_21175867.jpg



お目当てのシルビア青雌の撮影もできたので、シルビアの新規ポイントを探してウロウロしていると
なんとなく良さそうな場所が見つかり、のぞいてみると。。。

期待通り、居ました!

それも交尾個体。
じっくり広角で撮影。
e0156157_21181674.jpg



次は、本日、もう一つのお目当て、クロツバメシジミの撮影に向かいました。
今回はいつもとはちがうポイントへ。
狙いは、”ツメレンゲの花にとまるクロツ” です。

ポイントに着くと、幸いにも知人のH氏とバッタリ、ピンのピンでポイントを教えていただいた。
Hさん、ありがとうございました。

このポイントはツメレンゲが低い場所に生えていてクロツも低い場所にとまります。
いつものポイントのように下からのアングルでの幻光狙いはできませんが、ツメレンゲの花穂も大きく、ツメレンゲでの吸蜜シーンが大いに期待できそうです。

ポイントで待っていると、クロツがチロチロ飛んできます。
e0156157_20484082.jpg



とびきり新鮮な個体も。
e0156157_2049145.jpg



そして、しばらくすると、ツメレンゲで吸蜜する個体を発見!
e0156157_20531438.jpg


e0156157_20532569.jpg



念願のツメレンゲの花穂とクロツ!
広角でも撮影。
e0156157_20544277.jpg



今日も素晴らしい一日でした。
by Lycaenidae | 2010-10-17 21:19 | Comments(0)

春から秋にかけては蝶を、冬は鳥を中心に撮影します。


by lycaenidae
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31