木津川散策 ホソオチョウとオオヒカゲ

2011年8月20日

節電のため、例年より少し長めの夏休みでしたが、いよいよ終盤です。
この休み中は撮影に出かけていなかったので、木津川のホソオチョウに会いに行くことにしました。

ちょうど雌の出始めで、雄もスレから新鮮個体まで様々、数は多かったです。

駐車スペースからの土手の入口でいきなり雄が飛んでいました。
e0156157_13175583.jpg

土手ではたくさんのホソオチョウが飛んでいます。

しばらく歩いていると、今度は綺麗な雄の静止個体。
後翅肛角の赤斑がオレンジ色で、初めはスレ個体かと思いましたが、どうやらこの色の差は個体差のようですね。
e0156157_1318551.jpg


近くに別の雄も。
この個体は後翅肛角の赤斑は綺麗な赤です。
e0156157_13181487.jpg


そのあと、しばらく飛翔を撮影。
e0156157_13182497.jpg

e0156157_13183354.jpg


土手を歩きまわっていると、今度は雌が飛び立って近くにとまりました。
この時期は雌も綺麗です。
e0156157_1318464.jpg

e0156157_13185792.jpg


こんな環境にホソオチョウがいます。
e0156157_1319723.jpg


雌の飛翔にもチャレンジ
e0156157_13193669.jpg

e0156157_13192676.jpg


飛翔中の雌の撮影中、雄が絡んできていきなり交尾が成立しました。
e0156157_13194416.jpg


綺麗な蝶ですが、人為的な放蝶で当地に土着したものなのでいつも少し複雑な気持ちになります。


さて、まだ時間もたっぷりあります。
そこで、知人のブログでオオヒカゲの記事があったのを思い出し、山城方面へ行ってみることにしました。
でも、オオヒカゲのポイントが判りません。竹林での写真が掲載されていたので、雑木林に隣接する竹林で車でアプローチしやすい場所を探しながらダメもとで適当にのぞいてみることにしました。

まず初めに立ち寄った林。
小さな池の近くの雑木林で竹林が隣接しています。
竹林の中にもクヌギがポツポツ。
これはいい感じではと思い、竹林へ入った瞬間、フワフワといきなりオオヒカゲ。
e0156157_13202711.jpg

やぶ蚊の猛攻の中、何とか撮影成功。

次に、少し離れたポイントを探っていると、これまた竹林の入り口のクヌギからフワフワと。
e0156157_13195713.jpg

まぁまぁ綺麗な個体でした。

背景が抜けたポジションから撮影しようと近づくと、飛び立ち、近くにとまる。
これの繰り返しで、結局良いポジションからの撮影はできませんでした。
こんな感じのごちゃごちゃした竹林でした。
e0156157_13201774.jpg


さて、オオヒカゲも撮影できたし、ウラナミジャノメでも探そうかと思っていると雨が降り出してきました。
まあ、ウラナミジャノメは地元でも撮影できるのでこれで引き上げることにしました。
by Lycaenidae | 2011-08-21 14:13 | Comments(0)
<< 高原のツマグロキチョウ 近場の美麗種 ミヤマカラスアゲ... >>