早朝のゼフィルス アイノミドリシジミ他

2012年6月30日

天気予報によると午前中の短時間は晴れ間が期待できそうなので、早朝から出発。

予報通り、ポイントで晴れていました。

本日の目標はアイノミドリシジミとジョウザンミドリシジミ。

ポイント付近ではフジミドリシジミが多く、雌は比較的新鮮な個体もいました。
e0156157_21515266.jpg



少し高い位置で開翅するゼフを発見。
どうやら、ジョウザンミドリシジミのようです。
e0156157_21525145.jpg



そのうち、アイノミドリシジミが活発に飛び出します。
この手のゼフの撮影は太陽を背に撮影すると翅表が綺麗に表現できます。
特に半開ではきれいなミドリに輝きます。
e0156157_21561013.jpg


e0156157_21562051.jpg


e0156157_21563127.jpg



太陽との位置関係が違うと、このように青色になります。
e0156157_21572272.jpg



時間がたつにつれ、テリ位置がどんどん近くなり、最後は魚眼で撮影できる位置まで近寄れました。
e0156157_21582862.jpg


e0156157_21583673.jpg


e0156157_21584510.jpg


e0156157_2159587.jpg


e0156157_21591553.jpg



アイノをたっぷり堪能したので、ポイントを移動。
移動途中、ヒサマツ狙いと思われるたくさんの採集者を見かける。
ただ、今日はヒサマツが目標ではないので、特に問題なし。

ひっそりと誰もいない次のポイントで、先程撮影した写真整理や仮眠をとって時間をつぶし、
12時頃、ようやくお目当てのエゾミドリが飛び出した。
ただし、残念ながらこのタイミングで雨がザッと降り出して、結局エゾは撮影できませんでした。
とりあえず、先週撮影した証拠写真を掲載しておきます。
e0156157_2265451.jpg


by lycaenidae | 2012-06-30 22:24 | Comments(0)

春から秋にかけては蝶を、冬は鳥を中心に撮影します。


by lycaenidae
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31