チャマダラセセリには会えず

2012年8月11日

この日は、無謀にも夏チャマ狙いで信州の高原へ出かけました。
ポイントを知っているわけではなく、あちらこちらの情報をつなぎ合わせ、地名を頼りに出掛けました。

初めに立ち寄った場所では川沿いにクルミが多く、試しに叩いてみるとあっけなくオナガシジミが登場。
e0156157_23203482.jpg



ただ、この後はさっぱりでした。

この林道では、スジグロチャバネセセリもいました。
撮影時にはヘリグロかスジグロかわからず、後で図鑑で確認しスジグロチャバネセセリではないかと判断しました。
スジグロチャバネセセリをきちんと撮影するのは初めてでした。
e0156157_2323351.jpg

e0156157_23234781.jpg


さて、次に立ち寄った場所でカメラマンさん発見。
すぐに駆け寄って確認するとチャマ狙いとのこと。
そして、ここがチャマのポイントとのこと。

幸運にも、チャマポイントにたどり着いた。

気合を入れて、チャマを探すもなかなか見つからない。
この場所で多かったのがホシチャバネセセリ。
普段であれば会えるとうれしい蝶ですがこの日は別です。
e0156157_2328238.jpg


e0156157_2328366.jpg



しばらく粘るもののチャマは現れず、仕方なく諦めて別のポイントへ移動。

せっかく信州まで来たので、関西ではお目にかかれない蝶に会いに行きました。
まずはエルタテハ
e0156157_23302234.jpg



次にクジャクチョウ
普通種ですが、関西人の私には憧れの蝶です。
e0156157_23314650.jpg



最後に、もう一度チャマポイントへ行ってみました。
今度は別のカメラマンがおられましたが、やはりチャマは見なかったとのこと。
諦めて帰ろうかと思っていると、車のすぐ横でアカセセリがちょこんとたたずんでいました。
新鮮なアカセセリは初めて見るので、大喜びで撮影。
e0156157_23335495.jpg



帰路はあちこちで見事に渋滞につかまり、結局、0:30に自宅を出発し、翌日の1:00に帰宅という24時間超の強行軍になってしまいました。

また、来年リベンジすることにします。
by lycaenidae | 2012-08-13 23:41 | Comments(0)
<< シルビアシジミ ゴマシジミ >>