EOS 70Dで蝶撮影(クロツバメシジミ)

2013年9月14日

1か月ぶりの撮影です。

先月、家内のカメラの調子が悪くなり、思い切ってEOS 70Dを購入しました。
週末は貸してもらえるということなので、クロツ撮影で試してみることにしました。

写真機材のレビューブログではないので、簡単な印象だけ。

メイン機の7Dとの比較です。

7Dと比べて、軽くて大きさもちょうど良い感じ。
タッチパネル操作も慣れれば便利です。

バリアングル液晶でのライブビューAFは評判通り、かなり改善されています。
時折、迷うことはありますが、蝶の静止個体撮影であれば十分対応できそうです。
少し高い場所にとまったチョウの開翅や、ローアングルからの広角撮影など活用できそうです。

ファインダー撮影時のAFスピード、精度は7Dの圧勝です。
また、7Dにはスポット1点AFというAFスレームが小さなモードがあるのですが、70Dでは通常の1点AFとなり、AFフレームが若干広く、蝶の眼のように狭いエリアにピントを合わせるのは難しい。
AF撮影を主体とする使い方では、7Dの方が優れています。

7Dより若干ノイズが少ないようで、画質は70Dの方が良い印象です。

70Dは総じて使い勝手は良く、画質もきれい。
これから、いろいろな場面で活躍してくれそうです。

また、今回、改めて7Dの素晴らしさを再認識しました。
発売からかなり年数がたっていますが、基本性能の高さ、特にAFについては抜群ですね。
ここという一瞬をものにしようとなると、70Dではなく7Dを使うと思います。

以下 70D+300mmF4L ISで撮影したクロツバメシジミの画像です。
新鮮な♀が被写体になってくれました。
e0156157_2228428.jpg


e0156157_22284097.jpg


e0156157_22313811.jpg


by lycaenidae | 2013-09-14 22:50 | Comments(0)

春から秋にかけては蝶を、冬は鳥を中心に撮影します。


by lycaenidae
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31