ヒサマツミドリシジミ 他

2018年6月16日・17日

土曜日、日曜日の午前中まではこれといった成果がありませんでした。
日曜日の午後、絶好のヒサマツ日和。
有名な某山にはきっと大勢のカメラマンや採集者が集まっているはず。
その中に入っていく気力が湧かず何となくゆっくり撮影したいと思い、朝から同行している蝶友さんにお願いしてプライベートポイントに案内いただきました。

数は少なく、とまる位置も高いので、全開写真や金緑色の輝きは見ることはできませんでしたが、自分史上最高に美しいヒサマツミドリシジミの写真が撮れたと思います。
e0156157_21501622.jpg
e0156157_21501272.jpg
e0156157_21501992.jpg
e0156157_21502248.jpg

光線のマジックによる金緑色ではありませんが、いかにも本種らしい色合いです。
新鮮なヒサマツミドリシジミを目前で撮影できる至福の時を過ごすことが出来ました。
蝶友さんに感謝です!




その他の蝶も紹介します。

土曜日撮影のエゾミドリシジミ。
今年は下まで降りてこず、開翅もここまで。
e0156157_21500305.jpg


日曜日 朝のカラスシジミ
沢山飛んでいました。
e0156157_21500889.jpg










.

[PR]
by lycaenidae | 2018-06-17 21:59 | Comments(0)
<< メスアカミドリシジミ ウラジロミドリシジミの輝き >>