<   2018年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヒメヒカゲと近場のゼフィルス

2018年5月26日、27日

今週はヒメヒカゲと近場のゼフィルスに会いに行きました。

ヒメヒカゲは発生初期で♀の出始めでした。
とても綺麗な個体と会えました。

e0156157_21025038.jpg

e0156157_21025480.jpg

e0156157_21025722.jpg



アカシジミも新鮮
e0156157_21030261.jpg

24mm単焦点で撮影
e0156157_21030763.jpg


e0156157_21031143.jpg

e0156157_21031689.jpg




幸運にも羽化後間もないミズイロオナガシジミが翅を開いてくれました。
感動的な美しさでした。
e0156157_21031927.jpg

e0156157_21032308.jpg




驚いたことに、ウラナミアカシジミも出ていました。
e0156157_21032701.jpg











.

by lycaenidae | 2018-05-27 21:10 | Comments(0)

ウラゴマダラシジミ

2018年5月19日

いよいよゼフィルスの季節になりました。

今年もウラゴマダラシジミの撮影から。
数日前から♂は発生しているとのことでしたので、♀の羽化直を狙って出かけました。
ウラゴマダラシジミはイボタの木の中を飛び回ったりするので、綺麗な個体を撮影するためには羽化直後を狙う必要があります。

ポイント到着後すぐ、羽化後まもない♀を見つけました。
翅がまだ柔らかく、翅を開くには時間がかかりそうです。

e0156157_15455881.jpg


しばらくすると、♂に見つかり交尾。
e0156157_15460114.jpg

こうなると、当分は♀の開翅は望めません。


仕方がないので♂を撮影したり、他の♀を探したりして時間つぶしです。
♂は擦れた個体が多い中、比較的新鮮な個体を見つけて撮影。
紫色がとても綺麗です。
e0156157_15460683.jpg


この日は気温が低くて風が強く、撮影には苦労しました。
折角、翅を開きかけても風が吹いて閉じてしまうということの繰り返しでした。


しばらく、時間をつぶした後、今朝見つけたものとは別の綺麗な♀が少し翅を開いてくれました。
e0156157_15461078.jpg


その後、羽化直♀の交尾も解けて、いよいよ開翅を待ちます。
すると待望の瞬間が。
e0156157_15461594.jpg


前翅外縁の黒帯にうっすら小さな傷がありますが、まぁ文句ないでしょう。

e0156157_15461894.jpg



時折、風に吹かれて翅をばたつかせます。

e0156157_15462351.jpg



アップで
e0156157_15462617.jpg

e0156157_15463074.jpg



少し移動してこの日一番の開翅。
残念だったのが、この時には陽射しが強くなり、色が飛んでしまいました。
白色のビニル傘も持っていたのですが、かざす余裕はありませんでした。
e0156157_15463409.jpg


全開写真は撮れませんでしたが、美しい姿にうっとりです。

現地では蝶友さんたちと楽しくにぎやかに撮影することができました。
皆さま、ありがとうございました。








.









by lycaenidae | 2018-05-20 16:14 | Comments(0)

シンガポール動物園の蝶③

2018年5月2日~4日

シンガポール動物園の蝶 最終回です。
タテハチョウを紹介します。

何度も申し上げますが、タテハチョウも南国らしいきらびやかな蝶は撮影できませんでした。
日本でも見られる蝶やその近似種がほとんどです。


イワサキコノハ
 Primate Kingdomで撮影
 
e0156157_21291203.jpg



イワサキタテハモドキ
 Primate Kingdomで撮影
 石垣島でもおなじみですね。
 この蝶はあちらこちらで見ることができました。
e0156157_21291564.jpg



ウラベニヒョウモン
 Primate Kingdomで撮影
 小型で可愛いヒョウモンチョウです。
e0156157_21292172.jpg
e0156157_21292596.jpg
e0156157_21293076.jpg


キンミスジ
 Free Ranging Orangutan Island 周辺で撮影
 キミスジではなく、キンミスジです。
e0156157_21293469.jpg


クロミスジ
 Tropical Cropsで撮影
 チョコレート色の綺麗なミスジチョウです。
e0156157_21293828.jpg


タイワンキマダラ
 Primate Kingdomで撮影
 この蝶もあちらこちらで見かけました。
e0156157_21294233.jpg
e0156157_21294608.jpg
e0156157_21295056.jpg



ツマジロイチモンジ
 Primate Kingdomで撮影
 この蝶もたくさん飛んでいました。
 よく見ると綺麗なチョウです。
e0156157_21295496.jpg

e0156157_21300143.jpg
e0156157_21300527.jpg



トラフマダラ
 Primate Kingdomで撮影
 夕方、寝床につくために降りてきた個体です。
 撮影中はリュウキュウアサギマダラと思っていました。
e0156157_21300810.jpg
e0156157_21301260.jpg



ペルセウスコジャノメ
 Tropical Cropsで撮影
e0156157_21301701.jpg



ミナミオオイチモンジ
Treetops Trailで撮影
 ミスジチョウ程の大きさです。
e0156157_21302224.jpg
e0156157_21303131.jpg



ヤエヤマムラサキ
 Primate Kingdomで撮影
e0156157_21303560.jpg



リュウキュウムラサキ
 Primate Kingdomで撮影
e0156157_21303944.jpg



ルリモンジャノメ
 Tropical Cropsで撮影
 翅表は紫に輝く綺麗なジャノメチョウです。
 ただ、翅を開くことは無く、飛翔中にかろうじて紫が見える程度です。
 この蝶もあちらこちらで見ることができました。
e0156157_21304349.jpg



最後に妻が撮影した1枚
ヤエヤマムラサキです。
e0156157_21304724.jpg
ここはFree Ranging Orangutan Island のベンチの横です。
来園者が座っているベンチ横1mの場所で綺麗なヤエヤマムラサキがテリを張っていたそうです。

半袖・半ズボン、サンダルやヒールで来園し、直ぐ目の前でヤエヤマムラサキがテリを張っている。
そんな場所です。

これまでの写真も全て舗装された通路から撮影しました。
蚊や虻等の不快な虫も少なく、日本より快適な環境で撮影できる場所です。

家族サービス等でシンガポールへ観光に行かれたついでに、シンガポール動物園に行くとそれなりに蝶撮影を楽しむことができます。





おまけ
 鳥は鮮やかでした。
 可愛いサンバード達が楽しませてくれました。
e0156157_22562387.jpg
e0156157_22555814.jpg
e0156157_22560766.jpg






.

by lycaenidae | 2018-05-08 22:04 | Comments(0)

シンガポール動物園の蝶②

2018年5月2日~4日

シンガポール動物園で撮影したセセリチョウを紹介します。
こちらも特に鮮やかな種は居ませんでした。
セセリチョウは同定に自信がありませんが、私なりに調べた結果で種名を記載しています。


ホシゾラシジミ
 Primate Kingdomで撮影
 明るい茶色の可愛いセセリチョウです。
 
e0156157_21105649.jpg


Taractrocera archias quinta
 Tropical Cropsで撮影
 キマダラセセリによく似ています。
e0156157_21110191.jpg
e0156157_21110420.jpg



Notocrypta paralysos varians
 Tropical Cropsで撮影
 撮影中はクロセセリだと思っていましたが近似種のようです。
e0156157_21110855.jpg



エレガンスシロシタセセリ
 Primate Kingdomで撮影
 写真ではうまく表現できませんでしたが、名前の通りとても美しいセセリチョウです。
e0156157_21111341.jpg
e0156157_21111728.jpg
e0156157_21112011.jpg



テツイロビロウドセセリ(?)
 Primate Kingdomで撮影
 同定に自信がありませんが、翅裏の白紋から擦れたテツイロビロウドセセリだと判断しました。
 間違っていたらご指摘ください。
e0156157_21112490.jpg



ニグリタショウガセセリ(?)
 Tropical Cropsで撮影
 ムモンホソバセセリと悩みましたが、口吻が幾重にもまかれており相当長いのではと思い、ニグリタショウガセセリと判断しました。
 3枚目の個体は翅の先端がやや丸いので1枚目、2枚目とは違うかも知れません。
 間違っていたらご指摘ください。
e0156157_21112854.jpg
e0156157_21113125.jpg
e0156157_21113540.jpg




次回はタテハチョウの仲間を紹介します。




.

by lycaenidae | 2018-05-07 21:35 | Comments(0)

シンガポール動物園の蝶①

2018年5月2日~4日

GWに家族旅行でシンガポールへ行ってきました。
メインはシンガポール動物園です。

蝶はそれほど多くなさそうなのであまり期待はしていませんでしたが、結構楽しむことが出来ました。
鮮やかな蝶は殆どおらず、どちらかというと八重山でも見られる種やその近似種がほとんどです。
蝶撮影目的でわざわざ行くところではないと思いますが、半袖・半ズボンで南国の蝶と会えるお手軽な場所です。

初回はアゲハ、シロチョウ、シジミチョウを紹介します。

シロオビアゲハ
 園内のいたるところで見られます。
 メスはベニモン型が多いようです。
 オスの白帯は日本産と比べると太いのが特徴のようです。
e0156157_18575595.jpg
e0156157_18580137.jpg

e0156157_18580609.jpg
e0156157_18581013.jpg


ナガサキアゲハ
 とにかく巨大で迫力があります。
e0156157_18581304.jpg
e0156157_18581774.jpg

コモンタイマイ
 Primate Kingdomで撮影。
 まさかこの蝶と会えるとは思っていませんでした。
 撮影チャンスは殆ど無く、遠くにとまったワンチャンスのみでした。
e0156157_18582159.jpg
目撃種は
 ヘレナキシタアゲハ、オナシアゲハ、Papilio demolion demolion、アオスジアゲハ の4種



続いてシジミチョウです。

Prosotas dubiosa lumpura
 Primate Kingdomで撮影。
 和名は不明です。
 ヒメウラナミシジミの近似種です。
e0156157_19054644.jpg

アマミウラナミシジミ
 Primate Kingdomで撮影。
e0156157_19055009.jpg
e0156157_19055431.jpg

ウスアオオナガウラナミシジミ
 Sumatran Orangutan周辺で撮影
e0156157_19055700.jpg
e0156157_19060111.jpg

オオムラサキツバメ
 Primate Kingdomで撮影。
 大型のシジミチョウです。
 後翅が欠けてるのが残念です。
e0156157_19060680.jpg
その他撮影種
 クロマダラソテツシジミ 多数
 ヤクシマルリシジミ

目撃種は
 同定はできませんでしたセキレイシジミの仲間1種


続いてシロチョウです。


ベニモンシロチョウ
 Primate Kingdomで撮影。
 いたるところで飛んでいましたが、なかなかとまらず、撮影チャンスは多くはありませんでした。
 普通種ですがとても美しいシロチョウです。
 産卵シーンも撮影できました。
e0156157_19170126.jpg
e0156157_19170389.jpg
e0156157_19170633.jpg

ウスキシロチョウ
 Tropical Cropsで撮影。
 いたるところで飛んでいましたが、なかなかとまらず、撮影チャンスは多くはありませんでした。
e0156157_19171126.jpg

キチョウ
 Tropical Cropsで撮影。
 もしやと思い撮影しましたが、ただのキチョウでした。
e0156157_19171438.jpg

クロテンシロチョウ
 Primate Kingdomで撮影。
e0156157_19171894.jpg
e0156157_19172166.jpg


タイワンシロチョウ
 Primate Kingdomで撮影。
 ウスキシロチョウより数は少ないようですが、それなりに飛んでいました。
 この蝶もなかなかとまらず、撮影チャンスは多くはありませんでした。
e0156157_19172624.jpg
e0156157_19173013.jpg
その他目撃種
 ヤエヤマシロチョウ(Tropical Cropsで目撃) 1種


次回に続きます。





.


by lycaenidae | 2018-05-06 19:44 | Comments(0)