ヒサマツミドリシジミ 他

2018年6月16日・17日

土曜日、日曜日の午前中まではこれといった成果がありませんでした。
日曜日の午後、絶好のヒサマツ日和。
有名な某山にはきっと大勢のカメラマンや採集者が集まっているはず。
その中に入っていく気力が湧かず何となくゆっくり撮影したいと思い、朝から同行している蝶友さんにお願いしてプライベートポイントに案内いただきました。

数は少なく、とまる位置も高いので、全開写真や金緑色の輝きは見ることはできませんでしたが、自分史上最高に美しいヒサマツミドリシジミの写真が撮れたと思います。
e0156157_21501622.jpg
e0156157_21501272.jpg
e0156157_21501992.jpg
e0156157_21502248.jpg

光線のマジックによる金緑色ではありませんが、いかにも本種らしい色合いです。
新鮮なヒサマツミドリシジミを目前で撮影できる至福の時を過ごすことが出来ました。
蝶友さんに感謝です!




その他の蝶も紹介します。

土曜日撮影のエゾミドリシジミ。
今年は下まで降りてこず、開翅もここまで。
e0156157_21500305.jpg


日曜日 朝のカラスシジミ
沢山飛んでいました。
e0156157_21500889.jpg










.

# by lycaenidae | 2018-06-17 21:59 | Comments(0)

ウラジロミドリシジミの輝き

2018年6月10日

私の地元ではウラジロミドリはヒロオビミドリの副産物という位置づけで、あまり重宝されません。
図鑑や標本でも地味な印象ですが羽化直個体はとても美しいのです。
そろそろ出始めた山地性の他のゼフィルスではなく、あえて本種の羽化直を狙いました。


本日、帰り際に降りてきた羽化直個体です。
見る角度によって色合いが変わります。
e0156157_17154150.jpg

e0156157_17154535.jpg

e0156157_17154800.jpg

e0156157_17155163.jpg



朝一番に見つけた個体。
比較的新鮮ですが、上の個体ほどの輝きはありません。
e0156157_17155402.jpg
e0156157_17155735.jpg
e0156157_17160195.jpg



この場所ではミズイロオナガシジミも居ました。



早朝に黒っぽいゼフが降りたと思ったら、なんとウラミスジシジミ。
贅沢なおまけです。
少しだけ開翅してくれました。
e0156157_17160477.jpg
e0156157_17160814.jpg












.

# by lycaenidae | 2018-06-10 17:26 | Comments(2)

ウラジロミドリシジミ 他


2018年6月2日、3日


今週はヒロオビミドリシジミ、ウラジロミドリシジミを予定していました。
東のポイント・西のポイントと悩んでいましたが蝶友さんから西のポイントへお誘いがあり、西に決定。

ヒロオビ♂は会えませんでしたが、綺麗なウラジロミドリシジミを堪能できました。
e0156157_17552610.jpg


e0156157_17564695.jpg


e0156157_17570797.jpg


e0156157_17552309.jpg


e0156157_17552340.jpg


e0156157_17552408.jpg


e0156157_17552480.jpg




ヒロオビミドリシジミは♀のみ確認
e0156157_17552446.jpg





翌日は疲れもあって近場で
e0156157_17552502.jpg


e0156157_17552546.jpg


e0156157_17552522.jpg


e0156157_17552683.jpg


今年の春は季節の進みが1週間程早かったのですが、どうやら例年並みに戻ってきているようです。










.





# by lycaenidae | 2018-06-03 18:10 | Comments(0)

ヒメヒカゲと近場のゼフィルス

2018年5月26日、27日

今週はヒメヒカゲと近場のゼフィルスに会いに行きました。

ヒメヒカゲは発生初期で♀の出始めでした。
とても綺麗な個体と会えました。

e0156157_21025038.jpg

e0156157_21025480.jpg

e0156157_21025722.jpg



アカシジミも新鮮
e0156157_21030261.jpg

24mm単焦点で撮影
e0156157_21030763.jpg


e0156157_21031143.jpg

e0156157_21031689.jpg




幸運にも羽化後間もないミズイロオナガシジミが翅を開いてくれました。
感動的な美しさでした。
e0156157_21031927.jpg

e0156157_21032308.jpg




驚いたことに、ウラナミアカシジミも出ていました。
e0156157_21032701.jpg











.

# by lycaenidae | 2018-05-27 21:10 | Comments(0)

ウラゴマダラシジミ

2018年5月19日

いよいよゼフィルスの季節になりました。

今年もウラゴマダラシジミの撮影から。
数日前から♂は発生しているとのことでしたので、♀の羽化直を狙って出かけました。
ウラゴマダラシジミはイボタの木の中を飛び回ったりするので、綺麗な個体を撮影するためには羽化直後を狙う必要があります。

ポイント到着後すぐ、羽化後まもない♀を見つけました。
翅がまだ柔らかく、翅を開くには時間がかかりそうです。

e0156157_15455881.jpg


しばらくすると、♂に見つかり交尾。
e0156157_15460114.jpg

こうなると、当分は♀の開翅は望めません。


仕方がないので♂を撮影したり、他の♀を探したりして時間つぶしです。
♂は擦れた個体が多い中、比較的新鮮な個体を見つけて撮影。
紫色がとても綺麗です。
e0156157_15460683.jpg


この日は気温が低くて風が強く、撮影には苦労しました。
折角、翅を開きかけても風が吹いて閉じてしまうということの繰り返しでした。


しばらく、時間をつぶした後、今朝見つけたものとは別の綺麗な♀が少し翅を開いてくれました。
e0156157_15461078.jpg


その後、羽化直♀の交尾も解けて、いよいよ開翅を待ちます。
すると待望の瞬間が。
e0156157_15461594.jpg


前翅外縁の黒帯にうっすら小さな傷がありますが、まぁ文句ないでしょう。

e0156157_15461894.jpg



時折、風に吹かれて翅をばたつかせます。

e0156157_15462351.jpg



アップで
e0156157_15462617.jpg

e0156157_15463074.jpg



少し移動してこの日一番の開翅。
残念だったのが、この時には陽射しが強くなり、色が飛んでしまいました。
白色のビニル傘も持っていたのですが、かざす余裕はありませんでした。
e0156157_15463409.jpg


全開写真は撮れませんでしたが、美しい姿にうっとりです。

現地では蝶友さんたちと楽しくにぎやかに撮影することができました。
皆さま、ありがとうございました。








.









# by lycaenidae | 2018-05-20 16:14 | Comments(0)